漢方系精力剤でよく使われる主な原材料の種類と特長

精力剤には強精剤や強壮剤、勃起薬などがありますが、市販の精力剤で比較的効果が高いとされているのが漢方系精力剤です。

自然治癒力を高めながら体の機能を高めていくのですが、主な原材料はどのようなものを使用しているのでしょう。

動物系や植物系の成分がメイン

漢方系精力剤と言うと、マムシやハブ、オットセイなどの原料が使われていることが多く、他にもスッポンなど、ゲテモノの動物を原料としてよく使用しています。

動物を原料としているのは、精力が強い動物を食べることで、精力を増強するという考えが基本になっています。

また、漢方系精力剤は、植物成分を原料とすることも多く、たとえば、マカやクラチャイダム、ガウクルア、高麗人参、冬虫夏草などがそうです。

動物系の原料の方が比較的効果は高いとされていますが、植物系の原料はナチュラルに作用するので、体への負担が少ないメリットがあります。

安全性が高く副作用が少ない

漢方系精力剤の特長を挙げるとすると、安全性が高く副作用が少ないところで、体質改善に効を奏します。

バイアグラやレビトラ、シアリスなどの勃起薬は、期待できる効果は非常に高いのですが、医薬品成分が入っているので、副作用のリスクが高いです。

その点、漢方系精力剤は、動植物から抽出したエキスで作られているので、体に与える影響が少なく、医薬系の精力剤と比較すると極めて安全性は高いと言えるでしょう。

効果は非常に緩やかで即効性は期待できませんが、それゆえ体には優しくなっていて、体質改善と共に精力アップが期待できるので、利用しやすい精力剤です。

精力増強効果と共に滋養強壮や疲労回復効果も

漢方に使用される生薬には、体の色々な症状を改善する作用があるので、漢方系精力剤を服用すると様々な効果を体現することが可能です。

精力増強効果を期待できるのはもちろん、滋養強壮や疲労回復効果も期待することができ、しかも比較的高いレベルで効果を実感することができますよ。

また、天然成分を配合して作られているので安心して服用することができ、天然の生薬成分が着実に勃起不全や精力向上に作用して働きかけてくれます。

そして、勃起不全や精力向上だけでなく早漏防止にも有効で、体の内側から男性機能をしっかり高めてくれるので適切に体質改善を図ることが可能です。

まとめ

漢方系精力剤の主な原材料は、動物系と植物系の成分で、ムシやハブ、オットセイ、クラチャイダム、高麗人参、冬虫夏草などがよく含まれています。

精力増強効果や滋養強壮、疲労回復効果も見込める漢方系精力剤は、安全性が高く、体質を改善しながら精力アップを図れるのが魅力です。